top of page

全脳の画像解析および脳健康測定プログラム “MVision health” を脳ドックの一般受診者を対象とした無料テストランとして提供開始

株式会社エム(本社:東京都港区、代表取締役:関野勝弘、以下「エム」)は、東京ミッドタウンクリニック特別診察室における人間ドックの受診者を対象に、全脳の画像解析・脳健康測定プログラム “MVision health” を無料テストランとして提供開始しました。テストラン終了の6月までに、上限は設けず100~200名の希望者全員にMVision health を提供する計画です。2022年5月23日に最初の受診者の方に結果レポート送付を完了させたことを受けて、クリニックでの本プログラムの運用、エムでの画像解析、受診者の方への結果連絡を含む一連の流れが順調に機能することを確認しました。今後は、受診者、クリニック双方からのご意見を踏まえて、サービスレベルの検証・改善につなげて参ります。


■全脳の画像解析・脳健康測定プログラム ”MVision health” について

MVision health の概要

MVision healthは、加齢に伴う変化の特徴である脳の萎縮と血管性変化を総合的に評価する、これまでにない脳健康測定プログラムです。米国ジョンズホプキンス大学のAI技術を基盤としてエムが開発しました。

脳ドック等の頭部MRI健診に追加することで、加齢に伴う変化を早期から評価し、受診者がとるべき脳の健康維持・改善方法を提示することを目指しています。受診者は従来どおりの頭部MRI撮影をするだけでよく、追加の負荷やクリニック側での過剰な作業もなく、エムが作成する解析結果レポートを受け取ることが可能です。

MVision healthは医療機器ではなく、いかなる疾病の予防、診断、治療目的に用いられるものではありません。医師の診断の元、特定の疾病が認められなかった健常な受診者のためのサービスです。


脳のMRI画像から画像解析により萎縮度合いを総合評価。これに加えて脳血管の健康度も総合評価する

脳の萎縮度合いを同年代比較する

脳の構造別の萎縮度合いも評価する

MVision health の特徴・意義

MVision healthには、1) 脳の多角的な対象構造・指標の選定、2) 統計的に有意なサンプル数からの健康度評価、3) 低い機種依存度・短いMRI測定時間 という特徴があります。これらの特徴は、医療工学の第一人者である創業者の森進(米国ジョンズホプキンス大学教授)ならではの知見と技術ノウハウを活かして、①医学的視点からの意義のみならず、②工学的視点での測定の容易さ・技術普及のスピードとのバランスをも緻密に追求した結果によるものです。すなわち、①海馬などの特定部位に限らず、脳健康状態を把握するのに必要な脳の全構造物を対象とする一方、②施設ごとに異なるMRIの機種・仕様・運用方法および画像データの取扱方法にも配慮し、全国の多様な施設の状況に寄り添い、柔軟に導入できる「お手軽さ」を同時に実現しています。

エムは、MVision healthを通じて脳疾患を未病の段階で防ぐ「一次予防」に資することを目指しているため、この「医学と工学のバランス」は欠かせないと考えています。なぜなら、一次予防は、発病前の段階である未病段階にある全国の市民に広く働きかけ、病気を発症する人を総人口レベルで大きく減らすことが目的であるからです。保有する施設が限られる高性能のMRIで、時間をかけて、時に導入施設側の運営変更を要求して初めて実現するような仕様のプログラムでは、エムが目指す「脳疾患の一次予防の普及」は実現できません。


■無料テストラン実施の背景

MVision health の基幹機能は既に開発済みで、頭部MR画像から解析結果を返す流れは既に確立できています。しかし、これまでにないプログラムであるため、全国にある様々な施設で、多数の市民の皆様に安心して受診して頂くには、サービスレベルの検証や設計当初想定し得なかったトラブルの発見・解消が不可欠です。従って、事前に同意を頂いた受診者の方を対象に、無料にてMVision healthを提供し、サービスとしての実証を行うことになりました。この無料テストランで得た知見を基に、本格的な事業展開に向けたサービスレベルの改善を図っていきます。


■今後の展望

無料テストランを経てサービスレベルが充足された段階で、6月頃を目途に東京ミッドタウンクリニック特別診察室の人間ドックコース「スーパーミッドタウンドック」を選ばれた方へのサービスとしてのMVision healthの提供を予定しています。また、並行して複数の医療機関とテストラン及び正式サービス提供について協議しており、順次提供医療機関を拡大していく計画です。

現在、エムでは提携先の医療機関を広く募集しており、かつMVision health の結果を踏まえた相談先となるメモリークリニックのネットワーク拡充も進めています。

また、医療機関向けプログラム(現時点での仮称 “MVision brain”)の認証取得準備を進めております(2022年5月現在、クラスII* の医療機器プログラムとしての認証取得準備中)。同プログラムは、MVision health と同じ基幹機能を有しつつも、医療機関による診断用に相応しい仕様に調整されることになっています**。

*医療機器規制国際整合化会合 (GHTF) が定める医療機器の国際的な分類方法。クラスII は、不具合が生じた場合でも人体へのリスクが比較的低いと考えられるもの(MRIなど)が該当する。

**MRIの撮影条件の指定、測定結果出力の対象となる脳の構造物の追加を実施予定


■東京ミッドタウンクリニックの概要

人間ドック・健康診断のほか、内科や整形外科など患者様ニーズに応じた診療科を展開。クリニックとしては日本で初めて国際的な医療機能評価機関であるJCI (Joint Commission International) の認証(外来診療プログラム)を取得。※外来、人間ドック、健診、特別診察室。2017年12月、2020年12月に認証を更新。

・住所:東京都港区赤坂9丁目7−1 ミッドタウン・タワー6F (東京ミッドタウン施設内)

・サイト:www.tokyomidtown-mc.jp


■株式会社エムの概要

「未来の健康不安に、分析と対策を」をミッションに、代表取締役の関野勝弘と、共同創業者であり、米国ジョンズホプキンス大学医学部放射線科教授の森進が、2021年6月に創業。医学の世界最先端である米国において開発されたAI技術と、健康診断、脳ドックを通じて数十年にわたって蓄積された日本にしかない「未病段階」の脳画像データを活用することにより、世界の脳画像研究をリードする一人である森を中心としてMVision healthを開発しました。これらを脳ドック等の頭部MRIに組み込むことで、MRI機器を保有する医療機関は、これまで医師の目視だけでは成し得なかった未病段階での全脳の健康状態の定量化、同年代比較という受診者の行動改善を促す価値ある情報提供を目指すことができます。

エムは、医療機関の皆様に対して、MRI機器という高額資産の有効活用という経営課題解決、脳ドック等の健診プログラムの「市民の脳疾患一次予防拠点」への高度化といった経済的意義、社会的意義をもたらすことを目指しています。エムは、医療機関の皆様と協力して「数値に基づき脳の健康状態を評価して対策する」手段を広く普及させることにより、認知症等の脳疾患に対して理性的な対策を講じることができる社会を作っていきます。

・資本金: 21,000,000円

・本社: 東京都港区三田5-8-8 | 東京都港区三田2-10-6三田レオマビル10階(5月移転予定)

・「エム」コーポレートサイト: www.corporate-m.com

・「MVision health」TOPページ: www.corporate-m.com/m-vision2

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社エム COO:谷口善洋

Tel: 090-9186-9311

Comentarios


bottom of page